GNH: Gross National Happiness

   

Gross National Happiness (GNH: 国民総幸福)
  

  「国民総幸福量」という考え方は、Jigme Singye Wangchuck(4)ブータン国王が1970年代に打ち出した考え方で、開発の目的は人々の幸福感であって、経済成長など、その他のものは全てその手段に過ぎないとする。また、物だけでなく心理面を重視していることも特徴である。環境保全良い統治平等な社会・経済開発及び文化の保存という4つの柱がある。但し、その指標の開発等はまだ途上にあり、開発のプロセスのモニターと評価のためにGNHを基にしたブータン開発指数(Bhutan Development Index)を開発中とのことである。[1] .[2] このことについて、Tashi Choden and Takayoshi Kusago (2007)では、次のような図を示している。

  20111127日に名古屋大学で開かれた「International Symposium at the 22nd JASID National Conference」においてブータン国立研究所長Dasho Karma Uraが行った報告によれば、Gross National Happinessの研究が更に進展し、758の要素の有効性を調査した結果、124の要素が有効と判断されたとのことである。チェックした中身には幽霊の危険などというものまである。これまで、心理面が強調されていると、しばしば言われていたが、心理面(幸福感)1側面であり、ブータンで言われる「国民総幸福」も、包括的な「開発」を示そうとし、多様な要素で成り立つことが明らかになったと言える。[3]





[1] Tashi Choden and Takayoshi Kusago, 2007: Gross National Happiness and Material Welfare in Bhutan and Japan, 216 pp., Centre for Bhutan Studies (Bhutan)

  下記報告書を含め、Gross National Happinessに関する様々な報告書が、ブータンのGross National Happiness Commissionの次のウェブサイトからダウンロード可能:

http://www.gnhc.gov.bt/

[2] Jigmi Y. Thinley, 2007: “What is Gross National Happiness?”  In: Centre for Bhutan Studies, Rethinking Development: Proceedings of Second International Conference on Gross National Happiness, The Centre for Bhutan Studies (Bhutan), pp. 3-11

[3] その際のDasho Karma Uraのプレゼンテーションに使用されたパワーポイントをpdfにしたものが次のところにある。但し、54MBもの大きさがあるので要注意: http://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/sotsubo/Sympo_Bhutan_Presentation_DashoKarmaUra.pdf