リンク

   
「開発」

有志によって運営されている、開発に関心のある人のための情報サイト「Developing World」

   ここで提供されているメールマガジン「国際協力マガジン」は、開発協力関係の行事等を知る上で大いに有用。アルバイトや正職員、嘱託職員、インターン等 の求人情報が出ることもあります。なお、これは、「まぐまぐ」というネットショップの協力の下にボランティアがほぼ1週間毎に発行しているものです。申し 込むと「まぐまぐ」とセットになりますが、「まぐまぐ」の部分だけの解約が可能です。

http://www.dwml.net/

国際開発ジャーナル (日本で唯一の開発協力専門雑誌。メールマガジンも。)

国連開発計画(UNDP)の人間開発報告書Human Development Report


JICAなどの援助機関
外務省ODAホームページ (ODA全体の政策、ODA白書、国別データブック、ODA全体の評価等。個別の無償資金協力プロジェクトの情報もあります。ODAメールマガジンの申し込みも。)
JICA(国際協力機構) (技術協力実施担当機関でしたが、2008年10月にJBICのODA部門を吸収するとともに、外務省が行っていた無償資金協力の大半も担うこととなりました。個別のプロジェクトの情報もあります。青年海外協力隊も技術協力の一部として含まれます。JICAメールマガジン、政権海外協力 隊メールマガジンの申し込みも。)
JBIC(国際協力銀行) (ODAの融資(円借款)と非ODAの融資等を担当していましたが、ODA部門は、2008年10月にJICAに吸収されました。その際、非ODA部門は株式会社日本政策金融公庫の一部となりましたが、2012年4月に株式会社国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation)として分離独立しました。
財務省の「経済協力」のページ (世界銀行、アジア開発銀行等を担当。)
 

際機関等
国連(設立以来の総会の決議も見ることができます。)
国連統計部(「開発途上国」の事実上の定義あり。)
国連開発計画(UNDP) (その中のHuman Development Report)
国連貿易と開発会議(UNCTAD)
IRRI (International Rice Research Institute) (「緑の革命」で稲の高収量品種を担当した研究機関)
CIMMYT (International Maize and Wheat Improvement Center) (やはり「緑の革命」の担い手)
 
援助NGO等
国際協力NGOセンター(JANIC) (日本の援助NGOの連絡センター)
日本国際ボランティアセンター(JVC) (日本最大の援助NGO。政策提言等も。)
シャプラニール (バングラデシュ等で活動。フェアトレードなども。)
緑のサヘル (チャドとブルキナファソの農村の保全と住民生活向上)
新潟国際ボランティアセンター(NVC) (日本国際ボランティアセンターの活動に感銘を受けた人たちが作った新潟のNGO)
FANAMBY (マダガスカル訪問でお世話になっている自然環境保全と農村開発を組み合わせた支援を行っている現地のNGO)
サザンクロス・ジャパン協会 (マダガスカルで活動している、東京農業大学関係者が中心になって作った団体)
 
学会・研究団体
Human Development and Capability Association (Amartya Senが初代会長を務めた、彼の考え方を受けた学会)
国際開発学会 (多分野・分野横断的課題としての「開発」をテーマにした日本の学会)
マダガスカル研究懇談会 (「マダガスカル島および周辺島嶼の自然・社会・文化についての研究の発展をはかり、情報の交換をおこなう」ことを目的とする団体。そこのリンク集もかなり有用。)

会の設立の直接の契機になったマダガスカルに行った授業の
写真や、シラバス、「開発」の勉強会のことの紹介
 (to be added)

大学 
明治学院大学国際学部ゼミ要覧(「校外学習」の多くが開発途上国へのスタディーツアーです。)
明治学院大学経済学部経営学科フィールドスタディのページ (各フィールドスタディの報告も載っています。写真もついて、具体的によく分かります。)
清泉女子大学地球市民学科フィールドワーク (「清泉での学び:概要と特徴」最下部の「シラバス」から)
桜美林大学国際協力研修プログラム(単位のつく海外ボランティア)
早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター (オープン科目に開発途上国へのスタディーツアーがあるほか、富山大学との共同でのケニアの乾燥地林業視察等もあります。)
大阪女学院大学学外実習学外プログラム
関西国際大学海外フィールドスタディ(学生がグループで企画)、海外サービスラーニング(大学が企画)
大阪大学グローバルコラボレーションセンター (できたばかりのようで、まだ実績がありませんが、任務の中に「国際インターンシップやフィールドワークなどの実践的研究教育を支援」があり、「海外体験学習研究会」の呼びかけ大学ともなっています。)
宇都宮大学国際学部の科目「国際協力論演習」 (フィールドワークの基礎技能、国際協力NGOや政府援助機関の見学・インタビュー、アジア学院での宿泊研修(農業実習と英語でのインタビュー)、国際協 力NGOでのインターンシップまたはNGOスタディーツアー参加で構成されています。)


外務省、新潟県、新潟市のパスポートに関するウェブサイト
 
各国の情報
(外務省、駐日大使館、JICA国別生活情報、空港、航空会社によるもの等)
 
海外安全情報
*在タイ日本大使館 (安全情報、「タイ王国案内」(タイの政治・経済・文化・社会)などを含む。)

旅行予約サイト

*Yahoo travel (航空券のページには多数の旅行会社が出店してるので、比較ができます。宿のサイトは情報不足でかつあまり安いとは言えません。)
*JTB (たくさん売れているような行き先の航空券がかなり安く出ることがあります。) 2014年以降、発券手数料を取らないこと、複数の航空会社を組み合わせた航空券を安く出していること等、強みが出てきています。
*地球の歩き方 (成田発の切符で、追加料金で新潟発にできるものが出ていることがあります。新潟・成田間の足代を考えると、そのほうが安いことがあります。宿の予約はJHCを使っている様子です。)
*HIS (御存知のとおり、個人旅行社のための安売り航空券の老舗。新潟にも支店あり。)
*ユニオン航空 (長岡に本社があり、新潟駅の南に支社のある旅行会社。勿論、新潟発には強い。他都市発も可能。) マダガスカル航空券の手配で大変お世話になりましたが、2013年に破産したようです。
*Apple World (宿の予約サイトの大手。それぞれの宿についての詳細情報のページがあるのが強み。但し、詳細情報を見るには会員登録が必要です。)
*JHC (あまり知られていませんが、宿の予約の元売り店。多様な宿を持っています。会員登録が必要。)
*楽天トラベル (宿の予約サイト。海外にはあまり強くなかったのが、急速に強くなりました。)
*ユナイテッド航空 (アジア行きの直売の航空券がかなり安い傾向があります。航空機の座席配置図から、自分の席を選ぶことができます。)
*ノースウェスト航空 (同上。たいていは、ユナイテッドのほうが安いですが。) 2010年にデルタに経営統合。
*タイ航空東京支社
*全日空 (2008年秋から、ネット直売の航空券がかなり安くなりました。早く買えばネット最安もあります。) 新潟・成田往復1便が夕刻にあり、成田から全日空の国際線に乗り継ぐ場合は格安。