アユタヤ

   

アユタヤ
 
当初計画のバンコクからの飛行機が混雑していたために帰国を1日遅らせてできた余裕を利用して、タイの2番目の王朝で、山田長政も暮らしたアユタヤに行って来ました。
 
世界遺産でもあるアユタヤの遺跡からタイやその隣国との関係(初代(スコタイ)とこの第2代の王朝は、 ミャンマーの侵攻によって滅ぼされました。)や遺跡保護について学ぶ一方で、たくさんの象が、支援を求める呼びかけととも観光客を乗せていることも気にか かりました。森林伐採禁止等のために大量失業した象たちでした。
 
 
 
 
 
御参考までに、ミャンマーの国有林での象による集材の実演。アユタヤの象たちも同様の作業に従事していたことと思われます。