開発途上国マダガスカル

   
 
私たちが、開発途上国の事例としてマダガスカルを訪問して、見たもの
 

皆さん、生活を良くするために、色々な努力をされていました。そして、どの方も、表情は明るく、充実感がありました。


「1日1ドル以下の生活」といった金銭面の数値と現地の人々の生活の実態とのギャップが大きい。しかし、そういった金銭的な数字に現れないような問題がたくさんあることも事実です。マダガスカルの人たちは、自分たちの生活を良くする努力をしているし、また、政治的安定とともに政府も人々が自分たちの生活を良くする力をつけることに重点を置こうとしています。しかし、現実には、保健・医療・衛生面、教育予算・人材、インフラ等、多数の課題があります。

 

「開発」とは何か を考える上で、色々なことを学ぶことができました。